前へ
次へ

審美歯科が必要な時とは

芸能人のような白い歯を手に入れてみたいと思ったことが私にもありました。
若い頃はとかく容姿が気になるもので、人間の体で一番目立つ歯は特に白くてきれいなほうが印象が良いです。
しかし、私は小学生の頃から虫歯を患い、大学生になっても完治していませんでした。
これは女性にもてないなと考えた私は審美歯科に行き、ホワイトニングをしてもらったわけです。
ここは普通の歯医者と違い、保険がききませんのである程度の出費は覚悟していましたが、医師が話のわかる人でかなり安くしてもらえました。
審美歯科の良いところは保険がきかない代わりに先生が決めた価格で治療が受けられる点でしょう。
また、一般の歯科では削るだけだったところが特殊な技術を用いて削らずに治療できたり、想像以上に白い歯にしてもらえたことがとても嬉しかったです。
審美歯科に通ってだいぶお金もかかりましたが、それまで貯めたバイト代すべてを払うくらいの格好いい歯にしてもらえたので十分満足しています。

Page Top