前へ
次へ

審美歯科は保険の効かない治療ではない

審美歯科は魅力的だけれども、保険の効かない治療を行うのではない過渡期になる人は少なくありません。
治療の種類によっては保険適用となる可能性も存在していますが、必ずしも全ての方法で適用とされるわけではないのが事実です。
とくに審美歯科の名前を有名にした治療として知られるホワイトニングは適用外となっています。
また、セラミックを歯に貼り付けるタイプの治療なども全部自腹で払うのが特徴です。
ただし、歯周病などの治療の場合には保険適用となる可能性も少なくありません。
納得出来る治療をしたいと考えているのであれば、保険適用とはならない先進治療を行うという選択肢もあります。
歯列矯正は見た目だけを気にする場合であれば保険適用外となっていますが、顎関節症などの症状が出ている場合、国が定めた治療機関で治療を受けるなら、であれば、治療は保険適用の範囲内となっているところもあるといいます。
治療をする前に事前の確認をすることが必要です。

Page Top